3点問題でも狙われやすい!自己免疫疾患!

※以前国家試験に出題されたところのみを、抜粋しています。
出題項目は、赤字で記入しています。

S__19562502

 

多発性硬化症

• 好発年齢: 15〜50

• 男女比 : 女性に多い

• 病態 : 中枢神経の脱髄が主病変

• 症状 : 寛解と再発を繰り返して増悪していく。(時間的多発)

• 初期症状: 急激な視力低下、複視で再発

• 障害されやすい脳神経:神経
具体的な症状

Lhermitte徴候:頭部前屈に伴って生じる背部下方の電撃痛

有痛性強直性痙攣:四肢の放散痛
⇒長期的な経過をたどる疾患であり、リハビリテーションが重要な意義。

しかし、錐体路障害のため、運動負荷には注意が必要で、過用性筋力低下を避ける。

Guillain-Barre症候群

病態:ウイルス、細菌、微生物などが上気道感染症。⇒髄液中のたんぱくが上昇する。

症状:発症後2週間以内にピーク、数週~数か月以内に治癒。
自律神経障害みられる。(頻脈・高血圧・起立性低血圧

下肢のしびれ、ふらつきから発症し、羅患した部位に、弛緩性麻痺がられ、重症化すると、呼吸筋麻痺を呈する。

重症筋無力症

男女比:女性に多い(1:2~3

好発年齢:20~30

症状:筋力低下(上肢下肢

⇒舌咽頭筋が侵されるため、構音障害嚥下障害みられる。

日内変動がある。夕方になると、症状(筋力低下、易疲労性)は増悪。

刺激:筋肉への連続刺激で、振幅の減少がみられる。

薬:コリンエステラーゼ阻害薬=テンシロンの静注により、一過性に筋力回復。

合併症:胸腺腫

筋委縮性側索硬化症

病態:上位下位運動ニューロンがともに変性。

全身の運動障害(眼球を除く)が主病変。感覚障害は合併せず、そのため褥瘡はできない、球麻痺

 

以上になります。

・質問ある方は、お問い合わせまでどうぞ ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA