覚えるだけで点取れる!精神疾患を一挙に理解しちゃおう!

※以前国家試験に出題されたところのみを、抜粋しています。
出題項目は、赤字+下線で記入しています。

S__19562504

まず、パーソナル障害は、簡単に言うと性格異常のことです。

その性格異常が3つの群に分類分けできます。ここの性格分類に関しては、説明文を読んで、どこの分類か分かれば、OKです。


A郡 :奇妙ないし奇矯な群

妄想性  
 他人に対する不信、疑い深さが強い
シゾイド(統合失調質) 
 社会から孤立しようとする自閉性がある
失調型
 奇異な考え方、錯覚、現実感消失


B郡 :演技的または感情的で気まぐれな群

非社会的
他人への配慮がなく、権利を侵害する。
境界性 
感情・対人関係・自画像な非常に不安定で衝動的、見捨てられることに不安を感じ、異常に避けようとする。
自己愛性
自分が素晴らしいと誇大に思い、自己中心的に振る舞う。
演技性
過度に人の注意を引こうとする。


C郡 不安で臆病な群

①回避性
拒絶されることに極端に過敏で、そのために消極的になる。
②依存性
他人に強く依存し、自信に欠けている。
強迫性
様々な形の完全主義柔軟性のなさが特徴。


行動症候群 〜摂食障害〜

1 神経性無食欲症(拒食症)

img_3494-1

思春期〜青年期若い女性に発症しやすい。

1. 病的なやせ願望
2. ボディーイメージの歪み(痩せているのに太っていると考える)
3. 極端な食物制限と下剤などの乱用
4. 月経の停止、産毛の産生
5. 乳房萎縮はみられない
6. 性格的には頑固で競争心が強い
7. 母親との心理的葛藤をみることもある。

病識は欠如する、活動的


2 神経性大食症(過食症)

Processed with VSCO with f2 preset

発症年齢はやや高く、通常無月経は来さない。

発作的に無茶食いを繰り返し、食べるのをやめることが出来なくなるにも関わらず、肥満に対する恐怖心が常にあるため排出行動(自己誘発性嘔吐、緩下剤、利尿剤の乱用)をとったり絶食の時期を設けたりする。
病識はある、活動性は低下する

さらに詳しく見たい方は
https://note.mu/pt_kokushi までどうぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA