PT国試を受けるなら理解しておこう!毎年出題されている骨関節の基礎!

※以前国家試験に出題されたところのみを、抜粋しています。
出題項目は、赤字で記入しています。

S__20119554

こんにちは!さてさていきなりですが・・・

「人には骨が何個あるでしょう??」

すごく簡単な問題ですよね?実は、こんな問題も国試に出題されています。忘れてしまっていた方は、点取り問題と思って覚えてしまいましょう^ – ^!!

答えは、約200個です。ちなみに、体重の15~18%を占めています。

骨の分類

1 長骨

縦に長く、骨端骨幹が区別出来る。
例:大腿骨上腕骨指骨、主に上肢下肢に見られる。

2 短骨

長軸と短軸の長さがほぼ同じで、骨端と骨幹が区別出来ない骨。
例:手根骨足根骨など

3 扁平骨

扁平・板状の骨。
例:胸骨頭蓋骨の一部腸骨など

4 不規則骨

上記の3つに当てはまらず、いろんな特徴を持つ骨。
例:肩甲骨椎骨など

5 含気骨

外気の入り込む空洞を持つ骨、副鼻腔を構成する骨。
例:前頭骨上顎骨・蝶形骨・篩骨など

6 種子骨

特定の靭帯・腱にある骨。
例:膝蓋骨豆状骨など

骨の構造

① 関節軟骨:骨端と他の骨との関節面は、硝子軟骨で、再生能力が低い

② 骨端軟骨(骨端線):骨端と骨幹の境界には、硝子軟骨で出来た骨端軟骨。

③ 骨質
1.表層 緻密骨ハバース管と、これと直角に走るフォルクマン菅があり、連結している。
2.深部 海綿骨骨梁(骨小柱)がほとんどを占める。骨梁には、血管分布なし

④ 髄腔長骨にのみあり。長骨の骨幹を構成。

⑤ 骨髄:長骨における髄腔や各骨における海綿質の骨小柱の間隙を満たす、造血機能を持つ細網組織
1.赤色骨髄造血機能を営んでおり、赤色を呈している。(発育時
2.黄色骨髄:造血機能を停止し脂肪化し黄色を呈している。(成人ではほぼコレ!)

⑥ 骨膜
1.場所:骨の表面(関節軟骨と筋の付着部を除く。)
2.どんな:感覚神経と血管に富む
3.作用:骨の太さの成長

手の骨

S__20119571

①豆状骨 ②三角骨 ③月状骨 ④舟状骨 ⑤大菱形骨 ⑥小菱形骨 ⑦有頭骨 ⑧有鈎骨

大腿骨

S__20119570

特徴

頸部は前捻
骨幹部は前湾
内側顆 〉 外側顆
大転子 〉 小転子

骨盤の男女差

左:男性 右:女性

骨盤の性質 男女差

骨盤部          
仙骨      幅・長   幅広・短
仙骨の前凹湾度 強度    軽度
岬角      著しく突出 わずかに突出
恥骨下角    鋭角    鈍角
骨盤上口    横径は小  横径は大
骨盤下口    狭い    広い
骨盤底     狭く漏斗状 広く円筒状

C a調整

骨芽細胞

骨形成(石灰化促進)
カルシトニン(甲状腺ホルモン)
→破骨細胞の形成、および活性を抑制(骨吸収抑制
・ビタミンA,C,D,E 血中Ca濃度上昇作用
成長ホルモン
男性ホルモン
エストロゲン

破骨細胞

骨吸収
副甲状腺ホルモン(上皮小体ホルモン):パラソルモン
→これは、血中カルシウム濃度が高いと分泌抑制、低いと分泌促進。
ステロイドホルモン
プロスタグランジン
副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)
女性ホルモン欠乏(エストロゲン) 閉経によって起きる

これらのホルモンは、
①血中Ca濃度高い時は、骨吸収促進、骨形成抑制が起きる。
②血中Ca濃度が低い時は、骨吸収抑制、骨形成促進が起きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA