切断の総まとめ!切断の基礎→断端管理→義足ソケットを一挙公開!

今回は、国試範囲の『切断』についてお伝えさせて頂きます ✍️

切断の基礎〜断端管理〜義足ソケットまで書いたので、ボリューム大です。時間ないときは、目次から見るのもアリです!

また赤字の所は、過去に出題されたものですので参考になれば っ!!

 

では、行きますね (´∀`)↓↓

切断の原因

最も多いのは、末梢循環障害(糖尿病・動脈硬化・バージャー病)による、高齢者の割合が増加。外傷による若年者層の切断例が減少。

欧米先進国と比べると、比較にならないほど切断患者は少ない。

肢体不自由の内訳
上肢切断:5% 上肢機能障害:25%
下肢切断:3% 下肢機能障害:36%

ちなみに上記の結果は、
切断の定義(上肢:は母指・示指含めば切断になるが、下肢は5指全て切断で切断となる)によるものと考えられる。
そのため、下肢は切断が少なく、機能障害が多い結果となるんですね。

長断端と短断端

何をもって長・短断端と分類するかは明確ではない。一般的には、大腿の長さを3等分し、それぞれを上・中・下断端とするのが一般的である。

短断端は、股関節屈筋群・伸筋・外転筋は残存。内転筋は、大部分切断されるため、筋のバランスは外転方向に強くなる。
長断端の場合は、内転筋群も残存されるため、安定性 ↑↑

長断端:断端のコントロールによる膝の安定性確保されている。→遊脚相の膝コントロール
短断端:断端のコントロールによる膝の安定性確保されていない→立脚相の安定性

しかし、若者と高齢者は、同じ装具を使うわけではなく、
高齢者には『重量が軽く、操作しやすいもの(多軸→単軸)』

syme切断(サイム切断)

部位足関節での切断。

方法
①踵骨をとる。
②脛腓間にはめ込む。(荷重OK)

はめ込んでいるため、外見がゴツゴツしている。
→断端末端部の外観は良くない。→しかしこれはデメリットだけでなく、ソケットを懸垂しやすいというメリットあり。
また、断端長が長いため、正常に近い歩行能力を持つ。

断端管理

切断術後の切断ケアには、国試的に2つの方法があるので紹介します!

soft dressing(弾性包帯)

目的
切断縫合創の上にガーゼを当て早期から、弾性包帯を巻いて浮腫軽減血腫の形成予防

利点
①断端の状態観察がしやすい。

欠点
① 切断端の疼痛・幻肢痛がかなり強い。
② 切断の不良肢位を取りやすい。
③ 断端創の治癒遅れる。

rigid dressing

目的
主として、ギプス包帯を術直後の断端に巻いてソケットを作り、断端表面と全面接地をはかるもの。

利点
① 断端の浮腫を防ぎ、創治癒促進
② 断端痛および幻肢痛が少ない。
③ 創の看護・管理がしやすい(soft dressingだと弾性包帯を交換しなきゃいけない。)
④ 早期離床可能。

欠点
① ギプスソケットの正確な適合技術・経験要求。
② 断端術後変化への対応困難。
③ 断端の状態を外側から観察することが不可能。
④ ソケット内の温度・湿度のコントロール困難。→発汗異常に対応するよう、ソケット部に通気孔があるなど工夫された義足を用いる。

soft dressingとrigid dressingに共通して言えること

① 股関節屈曲・外転・外旋拘縮を起こしやすいため、良肢位保持を指導。(比較的近位部に位置する腸腰筋・中殿筋が作用しやすく拘縮を起こしやすい。)

② 創部に伸長痛を生じた場合も安静固定はNG(拘縮の原因。)

③ 断端の複数箇所で集計を測定。

④ 断端運動を行う方が、浮腫予防になる。

 大腿ソケットの種類

四辺形ソケット(=吸着式ソケット)


① 坐骨結節に体重が集中する。
② 全面接地・全面吸着
③ 内外径が長い。

 

 

 

 

 

坐骨収納型ソケット(=IRCソケット)


大腿骨と骨盤が固定されており、側方への安定性が高い。
① 前後径が広く、内外径が狭い。→会陰部の疼痛が少ない。
② 側方安定性向上。
③ 断端・坐骨結節への疼痛↓
④ 断端全体で体重を支持する。

 

 

股義足

股義足が適応となる断端は、下肢切断の中で最も多い。
大腿義足と異なり膝の安定性を保つための股関節伸展筋もない。
歩行では、股・膝・足と3つの継手をコントロール=適合の良いソケットが大切。
股義足の範囲では、カナダ式股義足について知っておこう!

カナダ式股義足


懸垂部位両側腸骨稜
体重支持:坐骨結節および周囲の軟部組織で覆う。義足の適合判定

 

 

 

 

股義足のアライメント

 

ソケット底面の前後径の中心点から下ろした垂線は、
①膝継手軸の10~15㎝前方 ②踵とトゥーブレークとの中心を通る。

②股継手と膝継手を結んだ線は
踵の後方25~40mmを通る。

 

 

股継手の位置

正常の股関節より45°前下方に位置する。
→こうすることにより、立位時に義足にまっすぐ荷重するだけで、股継手が伸展する方向へ力が加わり、安定性が得られる。

膝継手の位置

大腿切断では、健側膝関節裂隙+20mmなのに対し、
カナダ式股義足では、健側膝関節裂隙+30mmがポイント!!

 

下腿ソケットの種類

PTBソケット


体重支持部:主に膝蓋腱部(PTBのPはパティラ、Tはテンドン(腱で、合わせて膝蓋腱)
除圧部位腓骨頭・脛骨粗面・脛骨稜・ハムストの走行部
懸垂:カフベルトが必要(自己懸垂機能なし
前壁の高さ膝蓋骨中央(中央ってところまで理解)
内外側屈筋チャネル内側を低く。(これは、大腿二頭筋腱(腓骨頭)より、半腱様筋腱の停止(鵞足)の方停止が下方へあるため。
初期内転角:5°、初期屈曲角度:5°(長断端・短断端により、異なる。)

 

KBMソケット


懸垂ソケットで懸垂カフベルトなし

特徴
① 膝蓋骨部にソケットなし。
② 膝関節側方動揺なく安定。
③ 膝関節過伸展の保護作用なし。(膝関節を覆っていないから。)

 

PTSソケット


懸垂ソケットで懸垂(カフベルトなし)

特徴
① 前面は、膝蓋骨を覆う。
② 膝関節側方安定あり。(膝蓋骨や大腿骨顆部にまで広く覆うため。)
③ 膝関節過伸展に有用。

 

 

TSBソケット


懸垂キャッチピンラチェット式ロック装置(カフベルトなし

特徴
全表面支持(断端部全体をソケットに密着)→断端全体で体重支持
内ソケットにシリコンライナーを使用。(シリコンは吸水性が低いため、発汗作用困難。)
皮膚刺激性が少ない。着脱容易PTBと比べて)、発汗対応が困難

 

在来型ソケット

特徴
・大腿部コルセット併用。(ソケットに懸垂作用なし)
差し込み式のもの(全面接触型のものではない。)
・適合具合は、断端袋の枚数調整。

切断後の良肢位

① 股関節屈曲・外転・外旋位以外になっていること。
② 膝関節は伸展位になっていること。

リハビリの注意点

① 義足を使用してのリハ1日目は、断端の状態良好でも、平行棒内訓練のみとする。
② 運動前にストレッチを行う場合は、股・膝関節屈曲拘縮を伴いやすいため、伸展ストレッチを行うべき。

 

以上となります (´∀`)

絵と特徴を照らし合わせながら、みてもらうのがおすすめです ♩

なにか分からないことあったら、お問い合わせまでどうぞ ^ ^わかる範囲でお答えさせて頂きます 。

国家試験まで、あと149日 !コツコツは勝つコツ💪🏻ファイト!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA