ここだけは 知っておきたい。PT国試対策の末梢神経!!

末梢神経の触診部位って、身体では触診できるけど、文章で表すってなると表現が難しい。

こんな印象ありませんか?( ´Д`)y━・~~

でも国試では、触診部位について文章でもでも問われることあります!!

ってことで、

改めて触診部位を、触れるだけじゃなくて、文章で言いあらわせるようになりましょう!!

文章で理解+触診で理解して、理解度グングンアップ!!ここは、実地問題(3点問題)でも狙われやすい箇所なので、しっかり抑えておいた方が良いかも・・?点取り問題です♪( ´▽`)

それでは、スタートします。

 

触れられる動脈はどこ?

絵と文章で理解しよう!!

あまり上手な絵ではありませんが、絵の番号と下の文章の番号が対になっているので、上下に画面動かしながら、確認してみてください(^ ^)

頭頸部

末梢動脈 触診部位
頭頸部
① 浅側頭動脈 外耳孔の前方
② 総頸動脈 頸部の前外側

上肢

末梢動脈 触診部位 
③ 鎖骨下動脈 鎖骨内側1/3
④ 腋窩動脈 腋窩
⑤ 上腕動脈 上腕前面の尺側部
⑥ 橈骨動脈  橈側手根屈筋腱の橈側
⑦ 尺骨動脈 尺側手根屈筋と浅指屈筋の間

下肢

末梢動脈 触診部位
大腿動脈 大腿三角内
膝窩動脈 膝の裏
前脛骨動脈 前脛骨筋と長母指伸筋の間の深部
11 後脛骨動脈  内果の後下方約2㎝
12 足背動脈 長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間

 

文章と絵、どっちもで理解するのがポイントです。
でも国試では、この絵で出題されないので、理解した後は、国試問題を改めて解いてみると良いと思います。

有髄線維と無髄線維の違いを絵で簡単に理解!

髄鞘:有髄線維に存在、シュワン細胞幾重にも軸索を取り巻き、髄鞘を形成した状態(電気的絶縁部分)

シュワン細胞:ニューロンの周囲を取り巻く。

有髄神経と無髄神経を詳しく理解!

分類  種類  直径  伝導速度  機能 
  有髄  15  100  求心性:筋・腱の情報伝達 
  有髄  8  50  求心性:皮膚触圧覚の情報伝達 
  有髄  8  20  遠心性:錘内筋支配 
Aδ  有髄  3  15  求心性:皮膚温痛覚 
B  有髄  3  7  自律性:交感神経節前繊維 
C  無髄  0.5  1  自律性:交感神経節後繊維 

 

・直径は、Aα が一番太く、Cに行くにつれて細くなっていく。
・伝道速度は、が一番速く、Cに行くにつれ遅くなっていく。
直径が太い=伝道速度速い。

興奮伝導の3原則とは

両方向性伝導:両方向に伝わる。

不減衰伝導:大きさ一定。

絶縁性伝導:隣接部に移らない。

ワーラー変性のポイント

→ 軸索の切断により、末梢側に変性を起こす。ワーラー変性では、神経繊維を包む髄鞘に最初に変性が起こる。

国試によく出題される基礎の部分。

ここは理解しておいた方が、疾患の勉強に入った時も理解度グングンアップ間違いなしです( ´∀`)!

何か質問等あったら、お問い合わせまでお願いします!

第53回国家試験まで後129日!!ワクワクするPT生活が待ってますよっ♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA