感覚と受容器〜理学療法国家試験対策〜

こんにちは!国試も近くなってきたので、サラッと確認しやすい「感覚と受容器」です。そしてこの中でも「眼球」というところに限定して書いていきます。

以前国試に出題された箇所は赤字で記載していますので、参考にしていただければと思います。ではいきます!!

 

眼球の構造

引用:早わかり生理学ハンドブック

 

眼球外膜

角膜光を屈折させて網膜に像を結ぶ。

強膜:眼球の外壁の後方大部分を形成し、前方で角膜につながる。

 

眼球中膜

虹彩

瞳孔により網膜に入る光の量を調節する。(カメラの絞り)

・虹彩には瞳孔括約筋がある。→瞳孔括約筋は動眼神経が支配。

瞳孔散大交感神経

瞳孔縮小:副交感神経

・血管や神経が豊富に存在。

 

毛様体水晶体の厚さを変化させる。

 

脈絡膜:血管が豊富に分布し、網膜に栄養を与える。

 

眼球内膜

網膜

光の受容器

眼球壁の内層を覆い、虹彩に至らずに終わる。

光信号を電気信号に変換し、(視神経を通して)脳中枢へと信号を伝達する。

光の受容器があるのは?と聞かれたら、「網膜」←よく問われます。

 

網膜にある2種類の視神経

杆体:黄斑周辺部で暗いところに関与。明暗感覚

錐体 :黄体中心部(網膜中心窩)に多く、明るいところで関与。赤・緑・青の3種類で色の感知に関与する。 

明順応暗順応に比べて順応速度は速い。

・暗順応:杆体細胞は30〜60分で完全な暗順応となる。

 

網膜の中にある特殊な機能

視神経乳頭

盲点で視野を生じない。

・眼球後面のやや鼻側

 

黄斑

・錐体細胞が密に存在、視力が良い部分。

 

中心窩

黄斑部の中央部の凹みで、網膜上で視力が最も良い。

 

水晶体

・場所は虹彩の後面

カメラのレンズで、入ってくる光を屈折させる働きをもつ。

 

硝子体

硝子体によって、眼圧を調整する。眼圧とは眼房水の圧のことをいう。

 

眼球運動

4直筋と2斜筋の6つの外眼筋によって行われ、繊細な動き可能。

国試で「4種類の外眼筋によって〜」と行った引っ掛け問題があったため注意です。

 

伝導路

外側膝状体視覚伝導路

内側膝状体聴覚伝導路

 

 

緑内障とは?

病態:眼圧が亢進することによって視神経障害となる。

眼圧とは、眼房水の圧のことをいい硝子体によって調整。

 

眼振の種類

ここの内容は覚えるより、漢字を見てイメージを持てるようにしましょう。

固視微動

静止物体をじっと見つめる時に起きる不随意的な眼の揺れ

 

注視眼振

目的物を注視させた時に誘発される眼振

 

視運動性眼振

動いている乗り物を追う眼球運動と、それとは逆方向に現れる眼振

頭位眼振

頭部の位置を変化させた時に誘発される眼振

 

以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

お問い合わせはこちらまでお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA